Japan

日本

バージニア州の多様で強い経済・ビジネス環境が日本企業の皆様のへ北米への進出を簡単に解決します。

Country Contact

奥富豊 バージニア州 日本事務所- ディレクター
yokutomi [at] vedp.org

バージニア州から車で1日以内の距離に米国人口の47%が集まる米国大きなマーケットに市場へ、簡単にアクセスできます。 州内の整備された交通インフラにより東西南北どちらにも通じる主要な州間幹線道路、鉄道、国内線、国際線の空港や港への最適なアクセスすることが出来ます。

バージニア州の優れたロジスティックの特徴:

  • 6本つの州間幹線道路

  • 2本の一級鉄道 – CSXトランスポーテーション、ノーフォーク・サザン

  • バージニア州にはワシントン・ダレラス国際空港など16の商業空港

  • 米国東海岸で第3位の取扱量を誇る港湾施設

バージニア港(Port of Virginia)は、更なる成長のために主要拡張工事プロジェクトが進行中であり、米国東海岸で唯一の公的に認められた水深55フィート(約17m)の港として新パナマックス型大型貨物船の始発・最終寄港地としての活用が期待されています。

バージニア港における2017年の取扱量は2.8百万TEU(20フィートコンテナ換算)を記録し、輸出入の拠点として理想的な場所となっています。

Market Access Map
バージニア州には20,000人を超える日本人コミュニティーがあります。
米国国勢調査
 

バージニア州はワシントン D.C.に隣接し、またニューヨーク市から480キロメートル以内に位置しています。

ワシントン D.C.に隣接するバージニア州からは、各国米国大使館や政府の意思決定機関への迅速・スムーズなアクセスが可能です。全日空とユナイテッド航空が、バージニア州にあるワシントン・ダレラス国際空港と東京(成田)間の直行便を運航しています。

バージニア州は日系企業と長いお付き合いの歴史があり、日本人駐在員やそのご家族を受け入れる環境も整っています。その中でも1988年に設立された日本バージニア州協会は、国際協力、文化交流、貿易取引および投資の促進など多くの分野で活動の場を広げています。 リッチモンドとニューポートニューズにおける日本語補修校や、バージニア工科大学の日本文化協会(JCA)など教育の機会も用意されています。

バージニア州はが、ビジネスに最適な州であり 550社以上の海外国際企業がバージニア州を海外拠点として成長しています。

バージニア州は、今日のグローバル経済社会での成功に必要な、豊かな電力、水、電気通信サービス、その他のビジネスインフラを提供しています。 最新の電気通信サービスや信頼性の高い電力会社がサービスを提供していることから、は多くの大企業がその主要施設やバックアップ事業部門をバージニア州に置いています。

バージニア州には、ビジネスに有利なコスト環境が整っています。

  • 全米平均の6.88セントを下回る1キロワット時(kwh)当たり6.26セントの電力料金
  • 全米で5番目に低く、また全国平均に対して33%低い失業保険税
  • 全米で最も低いレベルの平均労働者賃金
  • 全国平均に比べて6%から21%程度低い建設コスト
Morooka

Mooroka USA, Hanover County

バージニア州は学歴ランキングで全米第7位 – 25歳から64歳の人口のうち、38%が大卒以上の学歴。
2016年米国国勢調査

 

ビジネスに適した州ランキング調査でバージニア州はフォーブス誌で<第 5位、CNBCで第4位となりました。 バージニア州は更に、労働規制、優遇税制、健康保険加入義務、および業務ライセンスに関するフォーブス誌の調査で規制環境に関し全米で第2位にランキングされました。

バージニア州の最大の強みは、その優秀かつ豊富な労働力です。 バージニア州は働く権利の州(Right to Work State)であり、組合組織率は全米で9番目に低い5.9%です。 バージニア州の誇る世界的にも高い水準の教育システムは広く知られており、また企業にとって地元および地域の大学からの新卒者雇用に太いパイプを提供しています。バージニア・コミュニティー・カレッジシステムは23のコミュニティー・カレッジで組織され職業、技術訓練プログラムをが提供しており、その訓練内容の多くが近隣企業が必要とするものに特化います。

USニューズ&ワールドレポートで、バージニア州は全米で 最も安全な州ランキング第7位.(2018年)

 

また、バージニア州はとても住みやすい場所です。 大西洋岸のビーチからブルーリッジ山脈まで、バージニア州の多彩な景観が広がります。従業員の皆さんも四季ある穏やかな環境のバージニア州で様々な楽しみを満喫享受できます。

バージニア州にある日系企業

ここ10年の日系企業によるバージニア州への資本投資額は、1.7億ドル以上と報告されています。(出典:fDi Markets)

バージニア州における海外企業による雇用は182,000人超(出典:米国商務省経済分析局)

米国商務省経済分析局(BEA)によれば、以下の日系企業がバージニア州で15,000名以上を雇用しています。

Japanese Companies in Virginia

国際貿易

日本は2017年バージニア州の対輸出地域ランキングで第8位

Japan Exports 2017

 

およそ30年近くに渡り、キャノンはバージニア州の皆様と特別な関係を構築してきました。

西沢 亨氏 Canon Virginia, Inc. 社長 & CEO